はじめての転職

目次 > 9.交渉するにあたって > 9-2.退職の交渉

いつするのか

もちろん 退職の意思が固まったら
次の転職先 が 決まったら。

誰に

基本は 上司です。
残念ながら 上司のいない場合は やはり オーナーさんになります。

退職までの期間交渉

退職の意志表示から 2週間 という期間が 法的な期間です。
しかし 常識的には 1ヶ月ぐらいを考えていれば円満に退職できるラインです。

内定が決まった 先には どういうのか

まだ 退職意向は伝えていませんので 早速 明日 退職を伝え
退職日を交渉いたします
今までの経験上の判断ですが  早ければ-日 遅くとも-日には 退職できると思います。

退職交渉

「実は 相談したいことが あるのですが 少しお時間よろしいでしょうか」
「非常に申し上げにくいのですが 1ヵ月後の -月-日で 退職させていただきたいんです。」
よほど いいにくければ
退職願を作成し 渡してしまう という作戦もありです。

気をつけるべきは 退職理由で 下手なウソは つかない事です。
また 次の転職先が決まっている場合は 常識的な範囲で こちらから期限をきり
話する事です。

要領よくするには

過去の例を 参考にすることです。
自分の前に 退職した 先輩や後輩の パターンをよくみておきましょう
それらを参考に やっていくことが 円満退社への秘訣でもあります。
その会社 そのお店 それぞれの 考え方ややり方が ある事も わかっておくことです。

→ 9-3.出社日の変更
目次へ戻る