はじめての転職

目次 > 6.面接に行く > 6-3.面接の質問・応対・答え方

面接するのは だいたいが オーナーさん 店長さん 採用担当者さん となります。
面接の目的は 採用するために
応募に来た 人材が どんな人なのか 知りたいのです。

どんな人なのか の第一の大半が
「うちのサロンにあうのか あわないのか」
次が
「この人が うちのスタッフになったら 売り上げが 上がるかどうか」
そして次が
「最悪 問題をおこさないか どうか 即辞めてしまわないかなど=マイナスにならないか」

それを知りたいがために 質問されます。
それをふまえて 質疑応答を考えていきます

前のサロンを辞めた、もしくは辞める理由は?

悪口 愚痴 は言わない。

○○な面で 非常に勉強になり 自分のためにもなり 充実した○年を送ることができ
今でも感謝しているのですが
以前から 次に成長するためには 御社のようなサロンと考えていましたところ
今回 御社の募集を知ることになり 私にはチャンスだと思い転職を 決心し・・・

今回 このサロンの応募された理由は?

絶対に聞かれる質問ですので 必ず受けるサロンさんのことは調べておきましょう
エージェント(美容師紹介)利用の場合は 
細かく サロンのことを 教えてくれますので
しっかりメモをとっておき あとで自分でまとめておきましょう

今までのお店では どういうポジションで どのくらいお客様を担当していたか?

スキルレベルや 得意不得意 担当客数 担当客質 などの 自分の過去データ
もしっかり 答えれるようにまとめておきましょう

自己PRお願いします

自分の経歴 得意分野 性格的な長所 などから考え これもまとめておきます。
特に コミュニケーション能力については ネガティブなことは言わないようにしてください。
面接担当さんが 一番知りたいのは 客受けが いいかどうか なのです。

長所と短所は?

誰にも長所 短所はありますので
むつかしく考えず
今まで 両親に褒められたこと 注意されたこと
かつての上司に褒められたこと 注意されたこと
友人から 頼りにされること 叱られること
など 客観的な指摘を元に また例を挙げて 話せると いいと思います。
長所 7 短所 3 ぐらいの比率で挑みます
そして 最後に 自分の長所を こうやって活かす 活かして行きたい
というような ことで締めくくることができるといいと思います。

何か 質問ありますか?

自分がそのサロンで働きたいと思っている意欲を まず伝えます
「はい 面接していただき 本日はありがとうございました
 今回のお話で より一層 御社で働きたい気持ちが高まりました」

次に 事前に 熱心に そのサロンについて調べて受験したことを 訴えます。
「このサロンさんでの ○○で○○で取り組むスタンスは 事前に私が
情報をえてきた 以上のものでしたので 安心しました、その上での質問なんですが
○○については ○○は どういう風な取り組みでされておられますでしょうか?」

また 待遇や 給料 休み 保険 などについての質問ですが

「求人広告をすべて拝見させていただきましたが
 もし 何か 書かれていた情報以外にあるようでしたらお聞きしたいのですが」

→ 6-4.面接後、合否の連絡がこない
目次へ戻る