はじめての転職

目次 > 5.応募書類郵送 > 5-2.応募のマナー

電話で 応募する場合

インターネットの求人サイトや携帯求人などでは
そのまま ウェブ応募できたりしますが↓

美容師 理容師 エステティシャン ネイリストの求人サイトなら
関西の美容師求人 まっちんぐBB

美容室やサロンさんの場合 まだまだ 電話応募が主流ではあります。

まず 応募 電話の掛け方です。
家の中 部屋の中 など 静かなところから 掛けます。
回りが 騒がしくて 先方に電話が聞き取りにくい とか
話している途中で 電話が 切れてしまう とか
未然に 防ぐ 気づかいも大事です。

携帯電話から掛けてみて
もし万が一 声などが 聞き取れなかった場合は
「申し訳ございません 電話が 少し 聞き取りにくいようなので
あらためて 掛けなおします すいません よろしくお願いします」

と掛けなおします。

美容室やエステサロンなど ほとんどが営業中であり
店舗にかけることになりますので
万一 忙しいときに掛けてしまったとしても
ほとんどは 応募受付対応はしてくれると思いますので 安心ください。
中には 「こちらから 後ほど 掛けさせていただきますので…」
といわれたら 素直に 電話番号や名まえを伝え
電話を待つか もしくは
「いえ こちらから また 1時間後ぐらいに 改めますので」
と 答えれば 大丈夫です。

最初から 忙しいとわかっている 週末や祝日などは
極力 電話は 避けたほうがいいと思います。

(応募電話例)
「まっちんぐビービーのスタイリスト募集の求人を拝見しまして
面接にお伺いしたいのですが
人事ご担当の方おねがいできますでしょうか?」

担当者がでてこられたら

「わたくし ----といいます。
 まっちんぐビービーで 御社のスタイリスト募集の求人を拝見いたしまして
 ぜひ 面接にお伺いしたいのですが 」

面接日時 決定したら

「はい ありがとうございます
 3月5日 来週の火曜日 午前 11時ですね
 持参するものは 筆記用具と履歴書でよろしいでしょうか」

「では 当日 よろしくお願いいたします
 ありがとうございます 失礼します」

必ず メモをとっておきましょう
電話を切るのは 必ず 相手が切ってからです。

→ 5-3.メール応募のマナー
目次へ戻る