事務職ってどんな種類がある?仕事内容は?そんな疑問をココで解決

事務職とは一般的に、書類の作成や資料のコピー、データ入力や、電話・来客対応などを行う職業を指します。

ひとくちに事務職といっても、営業のサポートをする営業事務や、経理周りを担当する経理事務、お給料の計算をメインにおこなう人事・労務事務など、さまざま。

それぞれ事務職の種類によって、仕事内容も大きく変わります。
これから、人気の事務職の種類と仕事内容を詳しくお伝えしますね。

人気の事務職の種類とお仕事内容を紹介!

事務職関連のお仕事紹介

営業事務

営業事務はその名の通り、営業部のサポートをするお仕事です。
毎日外回りで忙しい営業の方の代わりに、事務作業を行います。
営業事務に求められるものはズバリ、サポート力
仕事を先読みし、営業さんがスムーズに仕事が出来るような気配りが大切です。

◆仕事内容

営業の方が持ち帰った契約書のファイリングや、インバウンドでかかってきた電話対応、資料などのコピーも任されます。
営業の方が出張した際の、交通費精算などの入力をお願いされることも。

経理事務

経理部門のサポートをするのが、経理事務
一般的に事務職は資格がなくてもなれますが、経理事務の場合は簿記検定を持っている方が優遇されることが多い です。
経理事務に興味がある方は、簿記検定3~2級を取得していると有利になりますよ。

◆仕事内容

小口現金の記録や経費精算のチェック、伝票の仕分けや帳簿の作成など、会社のお金まわりの入力作業がメイン。
また通帳記帳など、外に出ることもあります。
毎日数字とのにらめっこなので、数字に強い方に向いている事務。
計算ミスや記入ミスなどに厳しいため、他の事務職よりも正確性が問われます

人事・労務事務

人事・労務事務は、社員管理や人事部の方のサポートがメイン。
社員から問い合わせを受けることが多く、気さくで話しやすい雰囲気が求められます。
また就業規則や労働契約書の修正なども任されることがあり、そういった労務周りの勉強が必要なことも。

◆仕事内容

社員の採用や退職、異動に関する手続きや、給与計算のお仕事が主になります。
また年末調整の取りまとめや、インフルエンザ予防の予約、健康診断のスケジューリングなども人事・労務事務のお仕事。
さらに秘書のような役割を求められることも多く、接待時には会食会場のセッティングを依頼される場合もあります。

総務事務

事務仕事が初めての方にもっともオススメなのが、総務事務です
総務事務では経理事務のような難しい資格も必要ないですし、契約書とのにらめっこもほとんどありません。
社員の方がスムーズに仕事が出来るよう、文房具などの備品を管理したり、コピー用紙の補充をしたりなど簡単なお仕事が多いです。

◆仕事内容

文房具の発注や補充などの管理、オフィスビルの防災センターとのやりとり、冠婚葬祭時の手配(社員が結婚したり、身内にご不幸があった際に、電報を送ったりします)など。
総務事務はまわりがやりたくない仕事(ごみ捨てや廃棄物の処理など)も行うため、誰かがやらないといけない仕事だ!という強い心が必要です。

事務職の種類や仕事内容を知ってあなたに合った仕事を見つけよう!

事務職の種類や仕事内容

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
人気の事務職の種類や仕事内容をご紹介しましたが、気になったものはありましたか?

もし事務職未経験の方でしたら、総務事務が断然オススメです!
難しい知識も必要ないですし、資格なしでも雇ってもらえるのでぜひ挑戦してみてくださいね。

逆に難しいことをしたい!という方でしたら、経理や人事・労務事務が適しています
日々の業務では学べることも多いので、チャレンジしてみてくださいね。

当サイトでは事務職のほかに、資格不要で未経験の方にオススメのお仕事をご紹介しています。
こちらもあわせて、ご覧ください!